全然似合わないハイテク装備


こんばんは、久々に模型弄ってました・・・。

Twitterを見てくださってる方々はご存知の作品

IMG_3096_201603211433488a1.jpg

381系神領車両区P1編成(シングルアームパンタ試験車)

言わずと知れた381系の「変な」編成
中央本線への383系導入に際し、シングルアームパンタの性能試験として数編成パンタの載せ替えが行われました。

今回製作したのは唯一のパノラマ編成による性能試験車であるP1編成を製作しました。


IMG_3016.jpg

しなの基本セットとレジェンドからクハ381-8が必要となります。
レジェンドのバラシは入手困難・・・、調達に手間取りました…(´・ω・`)


IMG_3014_20160321143346bf0.jpg

試験当時1993年頃の仕様にすべく、車体側に修正を加えます。
製品では縮小された車体裾のJRマークを削除、インレタで大きくします。


IMG_3068_20160321143345044.jpg

大きな前面窓が特徴のクロ、作り込んでみました。
先ずは0.4mmの真鍮線と塩ビ板でこんなものを作ります。


IMG_3073_20160321145438c43.jpg

窓にさしてサンバイザーを製作、塩ビ板で仕切り窓も作ってみました。


IMG_3091.jpg

運転士と保線添乗員も乗せて・・・、前面展望にはガックリ来そうな列車ですね(´・ω・`)


IMG_3094.jpg

おおお!効果アリですね!


IMG_3103.jpg

そして一番の見せ場であるモハ380のシングルアームパンタ。
近似のモノが見当たらないので115系長野リニューアル編成に使用されてるPS35Bに乗せ換えます。

国鉄車にシングルアームパンタ・・・不格好ですねぇ・・・。


IMG_3100_20160321145435571.jpg

両ユニット共換装します。
ついでに屋根も溶きパテでザラザラ感を出してみました・・・。


IMG_3104_201603211454337fb.jpg

うむ、素晴らしい・・・。


485系試走


暖かくなったと思えば冷え込み始め体調を崩しそうな朝・・・低血圧には辛い・・・。

さて、完成した485系を早速走らせに江坂に向かいました。

IMG_1971_20160202181910705.jpg

日豊本線の古豪485系・・・、イケメンですねぇ・・・買ってよかった(^^)


IMG_1978.jpg

トップ画像にもなってるこの一枚。
山間を走る特急にちりん・・・
ここのレイアウトは優秀の一言に尽きます、最高のロケーションでお気に入りの車両を撮影・・・。


IMG_1979.jpg

有名撮影地の第六八坂川橋梁、そんな雰囲気の一枚。


IMG_1987_20160202181905607.jpg

RED車も山間の風景に映えますねぇ


IMG_1984.jpg

はぁ・・・良さしかない。


IMG_1991.jpg

車体の再塗装、屋根上の色差し・・・根気よくやって正解でした、効果覿面ですね!


DkとDoの意味を最近知ったっていう話。 



こんばんは、みごとに一月空きました

あと明けましておめでとうございます。
もはや定期的に見てる人も少ないでしょう・・・では書いていきます。


先月発売になったTOMXI485系、各セットを購入し簡単に加工してみました。


IMG_1162.jpg

485系 RED EXPRESS Dk16編成 セット

RED車は過去TOMIXより製品化されていましたが、今回は完全新規のクモハ485系込みの編成。
結構自作してるもデラーさん多かったですよね・・・九州の485系といえばコイツでした。


IMG_1159.jpg

製品の屋根は実車に即し真っ黒けな成形色です、そのままでも十分ですが味気ないので・・・
フラットブラックにジャーマングレーを混ぜたものを塗装します、あとついでにウェザリング。


IMG_1161_20160122164232bd3.jpg

床下も同じ塗料で塗装、トイレタンクを塗装します。

IMG_1167_20160122163807256.jpg

車体は艶消しを吹き似たような行先ステッカーでお茶を濁す。


IMG_1274.jpg

485系 復活国鉄色 Do32編成

大分で誕生した復活国鉄色、個人的にはRED車が本命だったのですが・・・
この復活編成も加工欲を掻き立てられる・・・という訳で購入しました。(^^)

主にRED車と加工は変わりませんが車体の再塗装がメインとなります。


IMG_1253_20160122163805037.jpg

車体はTOMIX準基の国鉄色の為、実写と印象が違って見えてしまいます。
実車の方が褪せがよく目立つんですよね・・・というわけで再塗装。


IMG_1270_201601221638040f8.jpg

屋根も実車に即し明るめのグレーで塗装します。


IMG_1277_20160122163802582.jpg

というわけで簡単ですが、調理完了です。



最後の夜行急行に逢いに


随分と間が空きましたね、ツイッターは手軽に投稿できて便利ですね・・・
ブログに全然手がつかない・・・(-_-;)

仕事が立て込み模型にあまり手を付けてませんが、息抜きに北海道へ出掛けてました。

最後の急行列車に乗車する為・・・。


長いので二部に分けてどうぞ

CSC_0025.jpg

神戸空港から飛行機で飛んでは新千歳、特急で新得を経由しキハ40に揺られること根室本線2時間半・・・


DSC_0030.jpg

北海道のヨンマルに乗車・・・感動モノでした・・・
次回こそは2429Dに乗車してみたいもの。


DSC_0040.jpg

ガラナ片手に滝川に到着、午前10時に北海道に降り立ったのに辺りはすっかり夕闇。


DSC_0060.jpg

最後のスラント「オホーツク」で札幌駅へ到着、記録程度にと思ったら暗・・・(笑)


DSC_0103.jpg

さぁ、いよいよ乗車です。


DSC_0104.jpg

胸躍る瞬間、夜汽車の旅が始まります。


DSC_0159.jpg

くずものはこちらへ


DSC_0157.jpg

車内は思いのほか温度高め、寝つきが悪く何度も目が覚めてはデッキで涼んでました。


DSC_0160.jpg

ぺかー・・・


DSC_0141.jpg

午前3時、列車は軋み音を立てて函館に到着。


DSC_0136.jpg

ここで機関車を変え進路を再び南に進みます。
やはり廃止と噂されてるためか撮り鉄の方々が多かったですね・・・。


DSC_0168.jpg

停車時間が1時間以上と長いです・・・
青函トンネル内試運転のため函館で時間調整を行ってます。


DSC_0161.jpg

・・・寒っ


DSC_0171.jpg


DSC_0173.jpg

DSC_0186.jpg

さて、出発です。


DSC_0193.jpg

だんだん空が明らんできました。


DSC_0201.jpg

青森に到着。

この後駅前の市場や温泉に寄り道・・・
ここ本州最北端から旅はまだ続きます・・・。



重連気動車快速


こんばんは、山陽3050系の高騰に驚いてる管理人です。

日本橋では2万前後にまで高騰しているとか・・・山陽電鉄の需要・・・5000系出ないかな・・・。
関西圏では大阪梅田にも乗り入れている山陽電鉄5000系、需要ありそうだし是非マイクロエースより製品化を・・・。
って出ませんよね・・・(´・ω・`)

管理人は阿波座製品からの製作を検討しています。

急ですが11月に北海道鉄道旅行に出かけようかなぁと。
色々と調べててつい買ってしまったキハ201系の加工を進めてみました。

IMG_9227.jpg

北海道での次世代通勤車として登場したキハ201系、そのハイスペックさは有名ですよね('ω')ノ
少数派のキハ201系重連で運用される快速ニセコライナーを再現してみました。

ただKATO製品そのままっていうのもアレなので軽く加工します。


IMG_9240.jpg

白色LEDなのでプリズムを着色、淵を黒く塗ってメリハリ感を出します。


IMG_9245.jpg

こんな感じ。


IMG_9255.jpg

床下のマフラー、消火器、銘板に色入れしウェザリングを施します。


IMG_9247.jpg

スカートがBMカプラーなので大きく切り欠きがあります、先頭部分はダミーカプラーにするので
実車に即してプラ板でかさましします。


IMG_9256.jpg

実車は前3両と後ろ3両、小樽駅で切り離しをします。
ステッカーを切り継いで小樽行、倶知安行を再現。


IMG_9257.jpg

というわけで簡単ですが・・・完成しました。


IMG_9218.jpg

11月に実車を見ましょうかね。


プロフィール

よんまる赤蜻蛉

Author:よんまる赤蜻蛉
自由気ままな播州モデラー日誌
未熟者ですがお付き合い頂けたら嬉しいでふ

最新コメント
カテゴリ
最新記事
かうんたー。
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR