スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早速製作、ニセアルミカー



前記事にてご紹介した山陽3066F、姫路方Tcを除いてアルミ車輛・・・鋼製塗装と変わり種な編成でしたが、それと
対になる編成がいます・・・有名な3100Fです。某動画サイトではすっかり迷列車として定着していますよね。

純粋な3000系3050系とは製造過程も少し異なる異端車で、当初は3050系4両編成への増結用として製造されました。
ただ先頭中間ユニットでの増結という扱いづらさから最後の850系を置き換えた後暇を持て余していた3619号を
連結しての3両編成でデビュー、3619号(鋼製車)に施されたアルミ風塗装が変わり種とも言われる由縁ですね。

IMG_7645.jpg

山陽電鉄 3100系 3100F
はい、作っちゃいました。しかも二日で()

特段難しい塗装でもなく両数も少ないのでパパっと・・・(色調にクソ悩んだのは秘密

IMG_7629.jpg

ボディの塗装を落とした後しっかり洗浄しドア⇒車体⇒帯の順に塗っていきます。
ボディに軽く下地処理した後、ドアをガイアのステンレスシルバー
車体はGMアルミシルバーにアルティメットホワイトを数滴混ぜたものを、3619号にはMrカラーのライトグレーFS36495に1000番サフを数滴混ぜたものを吹き付けています。

色味的にこれが一番近いかなぁと。

車体の吹き付けが終わったら帯をマスキングしてGMレッドA(阪神赤胴色)にシャインレッドを混ぜたものを吹き付けます。

IMG_7642_2018031800145148c.jpg

今回特に意識したのが、既製品のアルミカーと並べても遜色ないよう極力既製品と同じものを作る。でした。
結果は見た通り、イイ感じじゃないでしょうか?(`・ω・´)

下がマイクロエース製品、上が手塗り品です。

IMG_7640_20180318001451a8e.jpg

3619号にも帯や車体表記類インレタ(イーグルモデルズ製)を貼り付けて完成させます。

IMG_7644.jpg

明らかに先頭車だけおかしい・・・これがやりたかった・・・(*´ω`)
尚3619号の台車はKW-1形、3066FそのままKW-35形は使えないので注意です。

少し前はOK台車を履いてましたね、似たような製品が無いので今回は新社紋切り替え前頃を意識してみました。
だいたい2000年~2007年頃でしょうか。

というわけでまた運転会に持っていくネタが増えてうれしい限り・・・四月の関Nネタ他にも持っていこうかな・・・。

スポンサーサイト

祝! 山陽3050系新製品発売!


紆余曲折ありましたが発売日に三宮に駆け付け無事に購入した管理人です。
一時は延期13ヶ月、大手量販店では予約の取り消し数日後に出荷という問屋泣かせな事件もありましたが・・・

無事に手に入りケースを開けると鬱憤なんて吹き飛びます!ありがとう、マイクロエース・・・(´・ω・`)

さっそく見ていきましょう!

IMG_7465.jpg


山陽電鉄3050系 3050F 旧塗装

クリームイエローとネイビーブルーのツートンが鮮やかな旧塗装ですね、編成は3050F。
昭和62年頃に一斉に新塗装化が進み、勿論管理人は見た事ありませんが・・・()

今回旧塗装製品化に伴い屋根上機器や窓ガラスの保護棒の再現など随所に一昔前の設備も再現されています。

IMG_7452.jpg

山陽電鉄 3050系 3066F 新塗装

こちらは新塗装、新マークの現行仕様で発売となった3066F。
言わずと知れたマニアックな編成ですね、神戸方の3両はアルミカーなのですが鋼製車(クリーム色)塗装が施されている
編成です。 迷列車等では3066Fとは対になる3100F 通称「ニセアルミ」が有名ですね。

DSC_0042_2018031723504753d.jpg

この間撮ってましたね(*´ω`)


IMG_7600_2018031723391135d.jpg

イーグルモデルズの方向幕ステッカーを貼り付けます、旧塗装には特急東二見行に観梅号HM。
3066Fには須磨行普通車をチョイス。

IMG_7598.jpg

新社紋は砂消し512番で軽くこすり落とした後ペイントリムーバーで表面をきれいにした後
同メーカーの太陽マークインレタを貼り付けます、管理人的にはこれぞ山陽電車!!

IMG_7468_201803180001206ea.jpg

華の特急運用盛りだった頃でしょうか(*´ω`)




あかいちかてつ


KATOから221系完全新規製作と聞いて思わず声が出ました。
更新車が出るそうですね、成績次第でしょうが未更新車の製品化や220系、網干、京都のバリエーション展開に期待ですね。
管理人も2本は買いましょうかな・・・。

「ロングセラー」と銘打たれて流石に現在発売されてる模型との強い格差が見えてきた既製品の221系
顔が似てない・・・作りが古い・・・とにかく手を加える箇所が多すぎるしで購入は考えていませんでしたが、今回は完全新規金型!

あの不細工な顔がどれだけイケメンになるのか期待ですね!





IMG_7199_201802211838213d0.jpg

店先で可愛い電車に一目惚れ・・・ではなく以前から購入を検討していた営団300形を購入しました。

好きな映画に出てきたから買った、それだけ。

本当にそれだけですw 結構マイナーな邦画なのですが知ってる人もいるかも?

IMG_7284_201802211842189d8.jpg

それがこの映画「Last Blood」のワンシーン。
撮影はブエノスアイレス地下鉄で行われ駅や車内も昭和期頃の日本を再現するほどの徹底ぶり。

さて、映画の話はまた後で・・・
少し車両に手を加えていきましょう。

IMG_7277.jpg

製品そのままだと屋根まで真っ赤っかつるつるてん・・・近似色から褪せたものを作り屋根に吹いていきます。
確か近鉄マルーンにニュートラルグレー、色々と調合して吹いてます。


IMG_7294.jpg

屋根肩や一部分にカッターやノミで浮かすような傷をつけ老朽化による塗膜のサビ浮きを再現してみました


IMG_7302_20180221183818885.jpg

床下も少し手を加えてます
台車枠に0.4mmの真鍮線で台枠梁を作ってみました。
また連結器後ろには少しオーバーな表現ですが電連引き通し配管を再現。

スカートも大きな車上子も無いスカスカな床下に密度感が出てきました。

IMG_7336.jpg

完成! 
車庫に並べてみましょう!


IMG_7337.jpg

うひょw

ドアステッカーとか欲しい・・・




さて、番外編になりますが前述の映画ではこの300形、冒頭から人気のない車内で主人公の少女が中年男性を惨殺するという
衝撃的シーンから映画が始まるのですが・・・(流石にそのシーンを載せるわけにはいきませんので)

IMG_7275_2018022118421715a.jpg

IMG_7283.jpg

作っちゃったごめんね(`・ω・´)

いやぁ・・・これ怒られそうですねぇ・・・。
一応取り外せる仕様になってます、そのままでも走行に支障ありませんが・・・。

無機質をカッコよく


カメラを手にしてあちこち撮りに行きたいのですが中々体が動かず・・・
こうも寒いと外に出たがらなくなりますねぇ・・・。

KATOからの新製品発表がありましたんね、東急5050系アオガエル仕様はSNS等で噂が立っていましたね。
また飯田線119系も製品化・・・あのシリーズまだ続いてんですか。
関西絡みの新製品はあいの風とやま鉄道の521系ですか、カラーバリエーション展開で製品化しやすいこちらも噂が立っていましたしねぇ・・・。

新製品発表のたびに思い出す山陽電車の存在・・・あれどうなったんですか・・・??




今日は小ネタですが先日知人より譲っていただいたマイクロエースの東武50050系、極力実車に近いイメージとなるよう
少し手を加えていました。

IMG_4865.jpg

「顔がなんか違う・・・」
個人的に思ったのが二つ、方向幕部分が簡素すぎること、窓全体が上寄りでアゴ長に見える?

IMG_6855_20180206231437e39.jpg

方向幕部分に凸になってるのでガラスパーツは改修できない・・・前面ガラスを一から作り直してみました。

塩ビ板を適当に切り出し非常扉部分には0.1mmのプラシートを接着。
オーバースケール気味になりそうだったので貫通扉のレールは1本だけ再現。

IMG_6856_2018020623143754a.jpg

方向幕部分をGMステッカーが入る大きさにマスキングをして裏からフラットブラックで塗装します、
ピラーは筆で塗装しましたがギザギザ・・・上から吹き付けて修正します。


IMG_6863_2018020623143646e.jpg

こう横から見た時にピラーがみそ。

ついでにワイパーも金属パーツに置き換えます。


IMG_6876.jpg

裏からさらにダークグレーで内張を塗装、もう少し濃い方が良かった(`・ω・´)

遮光カーテンもつけて完成です。

IMG_6883_201802062314346c6.jpg

(ステッカーズレてますが・・・)

GMサイズの方向幕ステッカーが収まる方向幕部分・・・実物全く見た事ないですが良いんじゃないでしょうか
イメージぴったり。

前面窓周りの塗装も車番ギリギリ下まで再塗装・・・本来なら車番位置も変えなきゃですが・・(゜_゜)
連結器や乗務員ステップも交換。

東武ファンが見たらピピ美並みの指摘が降ってきそうですが個人的に既製品よりはましになったかなァと。

オレンジ色の中央線


こんばんは、底冷えする寒さが続いてますね。

自室も塗装の時は窓を少し開けブースによる換気を行ってるため部屋の温度は外気温と変わらず・・・
これじゃ風邪ひいてしまいますね、何か対策を立てないと。

関東圏の電車、早速二本目が出来上がりました。
東京都心を横切るオレンジ色の電車です('ω')ノ

IMG_6443_20180117222154f39.jpg

中央快速線 201系 豊田車両センター H7編成

ご存知有名な最後の201系中央線のH7編成ですね。
中央線の201系ラストランは2010年10月・・・まだ10年たってないんですねぇ。

関西圏ではまだまだ現役な201系ですが、オレンジ色と言えば関西民の私でも中央線を連想しますね('ω')

製品はKATO製品をベースに手摺、屋根、塗装を行いちょっとイケメンになってもらいました。
車体の全塗装を行ったのですが写真写りは悪いオレンジ・・・もっと鮮やかなオレンジに塗れたのに写真負けしてる・・・(´・ω・`)


IMG_6372_2018011722215490b.jpg

顔はすべてのモールドを切削した後にBONA 201系手摺とテールライトを装着します。
BONA製品は取り付けガイドも付属しており簡単に取り付けられました。

IMG_6373_201801172221531b8.jpg

車体は勿論全塗装します、左がFARBE朱色1号、右がGM朱色1号。
車体の色は「朱色1号」ですが・・・

IMG_6374_20180117222152f5b.jpg

上から「GM」 「FARBE」 「FARBE朱色1号+GM朱色4号」
各メーカー単色だと薄すぎるような・・・、どちらかというと国電色寄りですね。
くたびれた武蔵野線とか?

結局下の調合したものにタミヤのSレッド数滴とガイアカラー濃黄色を数滴混ぜたものを吹き付けてみました。


IMG_6411.jpg

イイ色味ですね、鮮やかなオレンジ色です。
靴ズリを塗装し表記インレタを貼り付けていきます!
車番はレボリューションファクトリーのH7編成インレタ、所属ATSはトレジャータウンのを使用します。
ちなみにKATO製品ではデジタル無線未搭載時の表記なので「P B Sn」。
トレジャータウンのインレタを使い末期の「P Sn」に ここら辺よくわかんないし気付いてもらえない


IMG_6410_20180117222151684.jpg

前面ガラスパーツにプラ板で作った運転台パーツを取り付けていきます。
東日本独特の横型スタフ挿しにATS現示装置を再現。


IMG_6421.jpg

先頭車を仮組み・・・イケメンやなァ・・・。

中央線独特の電照式愛称幕表示装置も工夫、既製品のガラスパーツを削り一段凹ませ塩ビ板でのガラス表現
間にかませた(無表示)ステッカーにフラットブラックを薄めに流し込み少し汚い感じに仕上げました。

IMG_6444.jpg

スカート、ステッカー、仕切り板は鉄コレの流用です。

IMG_6445_20180117225743a8c.jpg

はぇ~良さみしかないわ・・・

大まかな加工がすべて完了。
屋根もベンチレーターを切り取りTOMIXの角形ベンチレーターにすべて換装してみました。


IMG_6451.jpg

並べてニンマリ(*´ω`)

中央線はE233系含め3本になりました。


IMG_6454.jpg

先日完成した山手205系と

どちらもKATOのロングセラー商品として長くラインナップされていますがそろそろリニューアルで製品化されそう・・・?


ちなみにお次のネタは201系の横を走る『熊一』を作りたいですねぇ( *´艸`)


プロフィール

よんまる赤蜻蛉

Author:よんまる赤蜻蛉
自由気ままな播州モデラー日誌
未熟者ですがお付き合い頂けたら嬉しいでふ

最新コメント
カテゴリ
最新記事
かうんたー。
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。